ニューウィッチのMTGブログ

MTG専門カードショップNEWWITCH(ニューウィッチ)のブログです。
TCG「マジック・ザ・ギャザリング」のカード情報や大会結果について情報を発信していきます。

夢案山子

夢案山子のMTG考察~グランプリ神戸を前に~

皆さんいかがお過ごしですか?夢案山子です、それでは今回も夢案山子のMTG考察は~じま~るよ~。

というわけで第16回はグランプリ神戸を前に、
主にスタンダードの処理が難しい能力や手順に付いて触れていこうと思います。




jp_pu8esg2v7s

1.変異・大変異
タルキールブロックキーワード能力ですね。
他の能力との違いは秘匿情報を公開する性質上特別な処理に分類されています。
表向いた時の能力はスタックに乗って処理されますが、変異・大変異ともに表向く事を妨害できず、
大変異に至っては+1/+1カウンターを置くところまでが処理内に含まれている為、
強化され終わった後まで手が出せませんのでご注意を。

 
続きを読む

夢案山子のMTG考察~変化できる物が生き残るのだ~

皆さんごきげんよう、夢案山子です。
期間が空いてしまいましたが浮世の忙しさに負けず頑張って書いていこうと思います。
それでは第15回夢案山子のMTG考察は~じま~るよ~。

というわけで今回は空いている期間の間に話題の戦乱のゼンディカーが発売となり新環境になったので毎度のごとく
カードのピックアップから書いていこうと思います。
(リミテッドの記事はニューウィッチマガジンに掲載されています)
※モテギ注:ニューウィッチマガジンというのは毎月開催している
ニューウィッチゲームイベントで配布しているフリーペーパーのことです。
もし読みたいというご意見が多ければ、そちらの記事もアップしたいと思います。


苦い心理

1.《苦い真理
このカードはレアカードでコストは黒・無色2のソーサリー。
能力は収斂、カードをX枚引きX点のライフを失う。
Xはこの呪文を唱える為に支払われたマナの色の総数に等しいと言うもの。
現在は多色が割と多くフェッチと基本地形タイプ2つを持っている通称バトルランドの存在で
3色以上のデッキを組みやすくなっています。
3マナ3ドローペイ3ライフとして使えるタイミングが多く、ライフが不安なら2ドローペイ2ライフにする等使い分けもできます。
占術2が付いている《骨読み》と何かと比較される事が多いですが、
引ける枚数が多い方が強いと思いますね正直。
見れるカードが最大1枚増えただけで、今欲しいカードが見える可能性も低いですし、
1枚でもトップに置けば見れるカードの枚数も同じと骨読みより弱い理由は特にないですね。
今は値段も安いので買い時ではないでしょうか?
続きを読む

夢案山子のMTG考察「「みんなと違うことがしたい」とみんなと同じことを言う」

さてやって参りました夢案山子のMTG考察、毎度おなじみ工事系男子(汗)の夢案山子です。
毎度役に立つんだか立たないんだかわからない情報をお届けする夢案山子のMTG考察第14回は~じま~るよ~。


今回は「そろそろカードのピックアップしてくれないかな~…」という広報担当モテギ氏の心の声を聞いた気がするので、
オリジンのカードを紹介して行こうと思います。
下馬評のいいカードは王子様系男子(笑)のシロさんが紹介しているので、
毎度のことながら微妙(に強いと思うよう)なカードをご紹介します。


 jp_GiNSBDZCEr
続きを読む

夢案山子のMTG考察「相反する二つの物が必ず矛盾するとは限らない」

皆さんこんにちは、工事系男子(汗)の夢案山子です、第13回夢案山子のMTG考察は~じま~るよ~~~。
さて今回はMTG内の基本の5色の組み合わせに付いて少し触れていこうと思います。


MTG基本の5色は基本地形が生みだすマナの色で、カードの裏を見てもらえば白を頂点として、
時計回りに青・黒・赤・緑の5色が確認できると思います。
この並びには意味があり、この並びの隣接する2色(白から見ると左が緑、右が青)が有効色となっており、
対角線上の2色(白から見ると左下対角線上が赤、右が黒)が対抗色となっています。
有効色はそもそも組みやすいとされ、昨今のMTGではあまり関係が有りませんが、
その基準は特殊地形で有効色の方が対抗色より種類が多い事にあると思います(およそ倍くらいかと思います)。
さて、それでは知識が若干古い夢案山子の色別の特徴と組み合わせを見ていきましょう。

EN_HowToWin_BuildResources_TallRotator
 
続きを読む

夢案山子のMTG考察「バランスが大事だ」

飛び出せやっつけ仕事!!(意味不明)。
さて、今回もやってまいりました夢案山子のMTG考察、早いものでもう12回なんですねぇ…(遠い目)

今回は広報担当モテギ氏より「第11回で紹介したカードを使ったサンプルデッキなんかを書いてくれ」と
依頼を受けたので、第4回NEWWITCH杯のフォーマットであるジャックブロックタルキール限定構築のデッキサンプルをお届けしたいと思います。


1.ジェスカイの場合
Graphic_KTK_ClanSymbol_Jeskai
4《平地》
3《島》
2《山》
-土地(17)-

-クリーチャー(13)-

2《圧点
1《凍氷破
-呪文(10)-


ざっくりこんな感じでどうでしょう?
クリーチャーを守るソースが少なすぎる気もしますが、そもそもブロック構築内での除去の数も限られますので、
ブロッカーを退かしながら戦う感じです。
果敢等のスペル誘発型能力多めの構成なので、それでどうにかならないですかね?
スペルを使いながら戦うので、MTGやってる感があって楽しいのではないでしょうか。
赤からの火力が現在入っていませんがクリーチャーやスペルのカラーを赤よりにすることで、
攻撃的に変更しタップカード等を火力に寄せていってもいいと思います。



続きを読む